日本演劇学会
近現代演劇研究会[関西]
[沿革・目的・活動状況]
近現代演劇研究会は、1990年に発足した日本近現代戯曲部会(97年に近現代戯曲研究会と名称変更)を母体に、より広く近代現代の演劇の問題を取り扱えるように1998年に活動内容と名称を一新した。

基本的には近代現代の演劇に関わるテーマ、つまり西欧演劇、アジア演劇、演劇理論、バレエ、オペラ、ダンス、映画など舞台芸術全般、及び演劇教育や演劇政策などについても広く取り上げ、現在の最新の演劇研究の成果を取り入れつつ、主として関西圏の演劇研究者の研究の発表と議論の場所となっている。

年間5回の研究例会を持ち、各回2人づつの研究発表を行なっている。研究成果の一部は会報に掲載している。今後の活動方針は、研究紀要の刊行やシンポジウムの開催、外国人研究者の招聘など予定しており、関西圏の演劇研究の一層の活発化を目指している。

入会は随時。下記事務局まで。
[問い合わせ先]
近現代演劇研究会事務局
〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5
大阪大学大学院文学研究科演劇学研究室(永田研究室)
TEL:06-6850-6111 内線 2176 / 2177
FAX:06-6850-5121
nagatays@let.osaka-u.ac.jp
近現代演劇研究会紀要『近現代演劇研究』
投稿規定
  • 投稿者は近現代演劇研究会の会員であること。
  • 投稿は研究論文または調査報告とし、いずれも未発表のものに限る。
  • 研究論文は原則として12000~20000字程度とする。その他の場合は、その限りではない。
  • 使用言語は原則として日本語とする。
  • 投稿の締め切りは2010年10月31日とし、原稿の提出先は近現代演劇研究会事務局とする。
  • 投稿原稿の採否については、査読の上編集委員会が決定し、後日投稿者に通知する。