日本演劇学会
演劇学論集(学会紀要)
演劇学論集・日本演劇学会紀要総目次

バックナンバー販売 
価格:30号〜36号 1000円 37号以後 2500円
在庫切れ:1~29、33~35、38、41、48、49、53、55、56号
申込は事務局まで。  (2016.1.29更新)

1号〜5号
1号(1957)
研究発表要旨発行について 会長 河竹繁俊
日本演劇学会略史
研究発表要旨(昭和24年~同29年)
本学会調査研究旅行について
日本演劇学会規約 附 関西支部規約
編集後記
2号(1958)
序 副会長  守随憲治
日本演劇学会略史(続)
研究発表要旨(昭和29年~同33年)
群馬県前橋市下長磯町二人遣い「三番叟」調査行
ロンドンの演劇史学会に対する本学会の報告
アメリカの劇場便り
雑報
編集後記
3号(1959)
序  関西支部長  山本 修二
研究発表要旨(昭和33年5月~34年5月)
「世界演劇」の理念   尾崎賢治
明治期におけるイプセンの移入事情について  藤木宏幸
伊勢猿楽三座について-神宮の記録から-   若松正一
関西の新劇運動、その前史としての明治年代  大関欽治
元禄期のかぶきについて           鳥越文蔵
遠州大念仏について             甲田勝雄
荒事芸の形成について            今尾哲也
研究論文ならびに研究報告
ヨーロッパにおける演劇学の現況       尾崎憲治
伊豆の農村舞台               松崎茂
荷風の戯曲                 堤可正
続き狂言への疑問              竹内道敬
日本演劇学会略史(3)
(附) 国立劇場設立準備協議会に提出した本学会の要望書
4号(1961)
研究発表要旨(昭和34年11月~35年11月)
豊後節禁止の裏面的考察            石川潤二郎
「曾根崎心中」と辰松八郎兵衛         祐田善雄
「大和守日記」の問題点            竹内道敬
発展段階における風流の一様相         桑島禎夫
復讐劇と「ハムレット」            尾崎寄春
狂言の素材                  北川忠彦
只見川上流地帯の農村歌舞伎舞台群とその舞台について   松崎茂
演劇の形態性とその進化について        飯塚友一郎
近代落語史の発端一三代目円遊をめぐって-   興津要
村芝居の演劇的性格              大山功
「新劇」の成立についての一考察        長田秀雄作
「歓楽の鬼」の例にとって           藤木宏幸
第一次落語研究会の意義            興津要
忠臣蔵のニツ玉                川上蓁
近代落語史一明治末から大正ヘー        興津要
研究論文ならびに調査報告
近代猿楽北坂座考               後藤淑
阿波人形浄流璃の現状             白石正雄
日本演劇学会略史(4)
5号(1963)
研究発表要旨(昭和36年5月~37年5月)
「四谷怪談」における笑いについて一南北の劇作態度の一面一   井草利夫
「曽根崎初夢曽我」                土田衛
演劇演出の原理的考察               川野希典
中村吉蔵作「牧師の家」の問題           藤木宏幸
ブレヒトによる能「谷行」の改作 Der Jasager und Der Neinsagerについて 大久保寛二
調査報告ならびに研究論文
古表・古要社祭礼見聞報告一「傀儡子」と「放生会海上渡御」と一   上原輝男

佐渡島の能楽系舞台群の概要            松崎茂
最近の中国における歴史劇論争について       岩城秀夫
近松世話悲劇の特殊局面              藤野義雄
日本演劇学会略史(5)